ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラ/バイアグラを超える即効性が特徴です

ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラは、バイアグラの欠点を研究して作られているため、即効性や食事の制限を受けない点など、バイアグラ以上の効果を発揮します。

 

ED治療薬レビトラの特徴の一つは、「食事の影響が少ない」事です。

 

バイアグラは食事をしてから服用すると、効果がありませんが、ED治療薬レビトラは脂分が多い料理ではない限り影響はほとんどありません。

 

ゆっくり食事を楽しんで雰囲気が良くなってからベッドインできるので、セックスもスムーズに始められます。

 

 

 

ED治療薬レビトラはドイツ・バイエル社と英国グラクソ・スミスクライン社で共同開発されたED治療薬で,日本では、2004年に認可されています。

 

バイアグラの鮮烈なデビューの後なので、今一つ影が薄い部分はありますが、バイアグラに足りない部分を補って余りがあるすばらしいED治療薬なんです。

 

ED治療薬レビトラの特徴の二つ目は、バイアグラより早く効果が表れることです。

 

バイアグラは飲んでから30分以上しないと効果が現れませんが、レビトラは早い方ですと15分位で効果が表れてきます。

 

効果の持続時間も、バイアグラが5時間程度に比べて、ED治療薬レビトラは8時間の効果があります。
わずか3時間の違いですが、この差は「余裕の差」になり、EDの原因の一つである「あせり」を感じなくてすみます。<

 

ED治療薬と言えば「バイアグラ」という先入観を捨てて、このサイトで紹介する「レビトラ」や「シアリス」など、バイアグラを凌ぐED治療薬を試してみましょう。

 

ED治療薬には、今の所3種類あり、それぞれ特徴が違っているので、一つに決めるのではなく、3種類を試したうえで状況に応じて使い分けるのが賢い方法だと思います。

 

バイアグラを超える即効性のED治療薬レビトラををさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい

ED治療薬レビトラの使用法

まず、EDは病気とは言っても、ストレスなどの精神的な原因も大きいことから、治療の仕方で十分治癒できます。

 

最近は「セックスレス夫婦」が増えて、EDなのかどうかを試す機会もなくなっているという、皮肉な事態もあるようですが。

 

なんといっても、「セックスは現役」であることが男の自信にもなるし、プライドを持ち続けることにもなりますからね。

 

もちろん、「夫婦円満」の潤滑油にもなることは間違いないですね。

 

EDなのかなと思ったら、まずはクリニックで診察してもらうのが先決です。

 

ご自分で通販から購入したED治療薬レビトラなどを服用する方法もありますが、思わぬ副作用が現れる可能性があるので、最初は病院に相談するのがベストだと思います。

 

ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用されている方は、ED治療薬レビトラを服用することで、血圧が急激に下がってしまい、最悪は死に至る場合もあるんです。

 

現在ED治療薬レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤があります。

 

通販などのサイトには50mgや100mgといった「ニセモノ」が堂々と掲載されているので注意が必要です。

 

そのような面からいっても、クリニックから処方してもらうのが安全なんです。

 

ED治療薬レビトラは「バイアグラ」に比べて、服用してから効果が表れるまで30分程度と、非常に早く効果が表れます。

 

服用は性行為の1時間前にして下さい。

 

ED治療薬レビトラは、性欲を高める精力剤ではなく性的刺激によって勃起を促す薬なので、パートナーと深く触れ合うほど効果が表れるという訳ですね。

 

正しい使用法でより効果を発揮するED治療薬レビトラををさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

ED治療薬レビトラの副作用

ED治療薬は現在「レビトラ」「バイアグラ」「シアリス」の3種類がありますが、共通した副作用として「顔が赤くなる(ほてり)」、「消化不良」「頭痛」「吐き気」「鼻づまり」「動悸」「物が青く見えたり、まぶしく見える」などの報告があります。

 

基本的にED治療薬はペニスへの血流を促す作用をするので、お酒を飲んだ時のように「顔が赤くなる(ほてり)」などの症状が現れる場合があるんです。
どうしても気になるようであれば、頭痛薬や胃腸薬を服用する方法もあります。

 

なお、ED治療薬レビトラを服用後4時間以上勃起が続く場合は、ペニスに傷がつき勃起機能を失う場合がありますので、すぐに医師の診断を受けてください。

また、ED治療薬レビトラとα遮断薬(排尿障害や高血圧の治療薬)とを一緒に服用することで、「めまい」「立ちくらみ」などが起こる恐れがありますので、高所での作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際は十分注意してください。

 

前の記事でも書いていますが、最も気を付けなければいけないのが、狭心症の薬として用いられる「ニトログリセリン」などの硝酸剤を使用中の方がED治療薬レビトラを服用することです。

 

硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもありますので注意が必要です。

 

お薬を飲まれている方は、お使いの薬に硝酸剤が含まれていないか確認するために、医師や薬剤師に相談してみてください。

 

「転ばぬ先の杖」という諺もありますからね。

 

副作用の少ないed治療薬レビトラををさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい

レビトラ・バイアグラジェネリック

国産の「バイアグラジェネリック」が2014年に発売されたので、早速その内容を報告させていただきます。

 

医薬品は新薬の特許があるうちはジェネリックの製造は出来ませんが、「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになりました。

 

ただ、解禁されたからと言って人間の身体に少なからず影響を与える「医薬品」ですから、すぐに発売できる訳ではありません。。

 

各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

なので、ある程度資金力のある会社でないとジェネリックを製造販売する事はなかなか出来ないのが現実ではないでしょうか。

 

国産バイアグラジェネリックの第一号は国内大手後発品メーカー「東和薬品株式会社」から、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類のバイアグラジェネリックの発売を開始しました。

 

「東和薬品株式会社」は、1錠1200円の価格で「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で2014年5月19日に発売を開始ししました。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

参考までに、インターネット通販でインド製のバイアグラを購入すると100mg錠が1錠1970円ですから、50mg錠に換算すると半分の985円になりますから、国産品は若干高めという事になります。

 

さらに、インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」ですと、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円になります。

 

国産のバイアグラジェネリックの安心感を取るか、外国製のお手頃価格を選ぶか選択肢が増えた事は私たち消費者にとって良いことだと思います。

 

コストパフォーマンスに優れたED治療薬レビトラジェネリックををさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい

ED治療薬レビトラ・ザルティア

2014年1月にシアリスと同じタダラフィルを主成分とする前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」が厚生労働省に認可されました。

 

正式名称は「ザルティアR錠2.5mg」「同5mg」と言い、日本イーライリリー株式会社により開発、販売されています。

 

厚生労働省に認可されたという事は、健康保険が使える薬という事なんです。

 

前立腺肥大症に伴う排尿障害は、歳をとるとともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大することで、排尿に支障をきたす病気です。

 

50歳以上の男性に多く現れますが、「尿に勢いがない」、「尿が出にくい」、「夜間に何度もトイレに起きる」など、その症状は様々です。

 

ザルティアのタダラフィル含有量は2.5mg、多くても5mgと低用量です。

 

現在ed治療薬として発売されているのは、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類ですが、「ザルティア」の成分であるタダラフィルはシアリスと同じなので、ed治療薬と見る事が出来なくはないんですが、仮にシアリス20mg、1錠分をザルティアで補おうとした場合、ザルティア5mgだと4錠、2.5mgだと8錠も飲まなければなりません。

 

これを考えると、いくら健康保険が使えて自己負担額を軽減できるといっても、そんなにメリットはないといえますよね

 

何といっても、病院の診察の際に「前立腺肥大」であることを主張し続けなくてはならないのは、煩わしいことですし、費用負担の軽減を考えるのであれば、シアリスのジェネリックを選ぶ方が得策なのではないでしょうか。

 

病院でも、ザルティアを処方する際には、ED治療薬として使用されないための厳しいチェックをすると思います。

 

ザルティアを凌ぐ効果のED治療薬レビトラををさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

 


ホーム RSS購読 サイトマップ